お骨がなくてもお墓を建てることが出来ますか?

お骨がなくてもお墓は建てられます。

お骨を依代(よりしろ)としてお墓へ納め、

目に見えない霊魂に対する供養をするわけですから、

大切なのは仏様を祀る心です。

 

お骨がない場合には、それに代わる形見の物、

もしくは戒名を書いた写経を納めてください。

お経の力、仏の力、書いた人の力が融合して亡き人が祀られます。

 

写経の最後には必ず「為◯◯◯◯供養」と添えてください。

 

水子も同様です。

お骨がなくても写経供養をしてください。

どこかのお寺で人任せの供養をするのは関心できません。

 

→「よくある質問ページ」に戻る