宗派によって墓石に刻む文字や、お参りの仕方が違うと聞きましたが教えてくれますか?

よく勘違いされている方が多いのですが、

宗派によって墓石の正面に刻む文字は異なります。

また納めるお経も違ったりと、お参りの仕方についても違いがございます。


お墓は建立する人の気休めや、お寺さんのために建てるものではありません。

必ず「祖先」や「仏」の供養となる正しい建て方をしなくてはならないわけです。


「◯◯家之墓」ではご本尊が迎えられておらず、何の供養にもならないのです。

宗派の教理に則して、墓石に「南無阿弥陀佛」なり、「南無妙法蓮華経」、

円相や梵字を刻んで仏様を正しくお迎えしてこそ「お墓」と言えます。


東光墓苑ではそうした間違った知識のままお墓を建てないよう、

きちんと正しいお墓のことをご説明しています。


お気軽にご相談ください。


→「よくある質問ページ」に戻る